a2art

08/03/05 * 7.5 BAYES_99 BODY: Bayesian spam probability is 99 to 100%

spamassassinnいじっていたら、いつもは[SPAM]に↑のヘッダがつくのですが、つかなくなりました。フィルタが動作しなくなったと言うことなので、bayes_pathの設定がおかしいということで修正。

[root@ns mail]# vi /etc/mail/spamassassin/20_local.cf
report_safe 0
rewrite_header Subject [SPAM]
ayes_path /var/spool/spamassassin/bayes
bayes_file_mode 0666
auto_whitelist_path /var/spool/spamassassin/auto_whitelist
auto_whitelist_file_mode 0666

mkdir /var/spool/spamassassin ;chmod a+rwx /var/spool/spamassassin

auto_whitelistが-rw—–だったので、-rw-rw-rwに変更。

参考URL
http://max01.skr.jp/blog/2007/10/spamassassin_2.html
http://kimitakeblog.net/item/253

Tags:

08/03/04 spamassassinその後

wget http://tlec.linux.or.jp/docs/user_prefsとやるのはいいんですが、私の場合

report_safe 0 #レポートはヘッダにのみつける
rewrite_header Subject [SPAM] #spamだったらタイトルに[SPAM]をつける

という設定をしているので毎回やるのは手間がかかりますのでtlecのuser_prefsを10_local.cfに上の設定を20_local.cfとすれば、後は10_local.cfを定期的に取りに行けばいいので便利です。

Mar 4 12:00:48 ns spamd: [23547] info: config: failed to parse, now a plugin, s
kipping, in “/etc/mail/spamassassin/10_local.cf”: ok_languages ja en

なんのエラーかと思ったら、/etc/mail/spamassassin/v310.preのloadplugin Mail::SpamAssassin::Plugin::TextCatを有効にしなければならないとのことです(spamassassin-3.2.3-1.el4.rf)。ちなみにBlueQuartzのはこのコメント外さなくてもエラーは起きませんでした<(spamassassin-3.1.9-1.el4)。とりあえず放置。

参考URL
http://tlec.linux.or.jp/
http://14.pro.tok2.com/~starwars/cobalt/?y=2006&m=09&d=08&a=0&all=0
ttp://blog.harmonicom.jp/archives/20

Tags: ,

08/03/01 spamassassinをすり抜けるspam

ヘッダに何もないのでなんだと思ったら、X-Spam: Not Detectedというヘッダがついてたので、これをつけるとすり抜けてくるようです。

cat /etc/procmailrc
:0fw
*!^X-Spam.*
|/usr/bin/spamc

設定と言ったら、私をはじめ多くの人は何も考えずにこれコピーして使ってるでしょうから、意表を突いたのでしょうか。かしこい。感心してる場合でもないので、とりあえずこのヘッダ持ってたらspamフォルダに移動することにします。

参考URL
http://blog.goo.ne.jp/mack_hobbies/e/49db03e8ba47ad15ebff88cd47fe3de3
http://a-tak.com/xoops/modules/wordpress/2006/10/09/1060

Tags: