a2art

10/03/19 Centos 5.4にCudaをインストール

Redhat 5.x用のが使えます。fedora 12でもfedora 10のとか使えるでしょう。

http://www.nvidia.co.jp/object/cuda_get_jp.htmlからドライバ、ツールキット、SDKをダウンロード

1.ドライバをインストールするために、GUIを殺す(inittab 3、もしくはtelinit 3)。
入れてない場合は、kernel-develを入れる。
ドライバをインストール。いろいろ聞かれるが、デフォルトでOK。

2.ツールキットをインストール。ここからは実機じゃなくてtera termからとかでok。

3.SDKをインストール。rootでなくてユーザーでインストール。
ライブラリ使えるように、/etc/ld.so.conf.d/cuda.confに/usr/local/cuda/lib追加。その後ldconfig
makeすると、glutがないと怒られるので、glutとglut-develをインストール。

参考URL
http://d.hatena.ne.jp/interleave/20090520/1242750937
http://forum.nvidia.co.jp/EokpControl;jsessionid=47EDE744D36B9711657327EECC41D184.sc-ap6-1?&sid=d6d82676844cf499ec2ce7d0ca7652ec&tid=10346&event=QE0004

Tags:

09/01/13 CUDAインストール

検索すればいくらでも出てきますが、私の場合、vista64なので手間がかかりました。

  1. http://www.nvidia.co.jp/object/cuda_get_jp.htmlからcuda(今回は2.0)をダウンロード
  2. ツールキット、SDKをインストール。ドライバは特に入れなくてok。
  3. visual studio 2005をインストール(2008だとコンパイルできない)
  4. バッチ作成(cuda.bat)。visual studioは64bitだとコンパイル通らず、32bitものを使用。
  5. C:\Program Files (x86)\NVIDIA Corporation\NVIDIA CUDA SDK\bin\win64\Release にパスを通す(dllをsystemフォルダにコピーでもよいかも知れない)
  6. nvcc test.cu -lcutil64
  7. a.exeで動く

#cuda.bat
rem for vs2005 32bit
set DevEnvDir=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE

set PATH=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\BIN;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\Common7\Tools\bin;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\PlatformSDK\bin;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\bin;C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\VCPackages;%PATH%
set INCLUDE=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\ATLMFC\INCLUDE;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\INCLUDE;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\PlatformSDK\include;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\include;%INCLUDE%
set LIB=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\ATLMFC\LIB;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\LIB;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\PlatformSDK\lib;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\lib;%LIB%
set LIBPATH=C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\ATLMFC\LIB

rem for cuda
set include=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\INCLUDE;C:\Program Files (x86)\NVIDIA Corporation\NVIDIA CUDA SDK\common\inc
set lib=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\VC\LIB;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\lib;C:\CUDA\lib;C:\Program Files (x86)\NVIDIA Corporation\NVIDIA CUDA SDK\common\lib
path=C:\Program Files (x86)\NVIDIA Corporation\NVIDIA CUDA SDK\bin\win64\Release;C:\Program Files (x86)\NVIDIA Corporation\NVIDIA CUDA SDK\bin\win64\Debug;%path%;

#test.cu
//cutil32.lib cudart.libが追加依存ファイル
#include <iostream>
#include <cutil.h>
void PRINT_DEVICE_NUM(){
int device_num;
cudaGetDeviceCount(&device_num);
std::cout << “ビデオカードの数 : ” << device_num << “\n”;
}
int main(int argc, char **argv){
CUT_DEVICE_INIT(argc,argv); //初期化(cuda2.0は引数が必要)
PRINT_DEVICE_NUM();//デバイス数を表示
CUT_EXIT(argc, argv);//終了
return 0;
}

d:\Usr\a2art\CUDA>a.exe
Using device 0: GeForce 8800 GT
ビデオカードの数 : 1

Press ENTER to exit…

覚えることてんこ盛りですが、とりあえずここから(http://www.nvidia.co.jp/object/cuda_education_jp.html)落として、やるしかなさそう。

Tags: